読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格分析研究所

エニアグラムで有名人、芸能人を性格分析する試み。

スティーブ・ジョブズのProfiling

スティーブ・ジョブズを性格分析する(敬称略)

 

外向・直観型(エニアグラムタイプ8:挑戦する人)

自己主張型・強烈型(強く反応する)

 

世界中のエニアグラマーをして、「信じられないくらい複雑な人物。」「いろんなタイプの特徴が渾然一体となった性格。」と言わしめたジョブズ

いわく、進歩的、知的、理想主義者。完璧主義者。上昇志向の成り上がり者。一流主義者(最高最善のものを求める)。インスピレーションに長けたカリスマ。欺瞞家で、嘘つき。日和見主義者。独創的。リーダーシップに優れた統率者。執拗で、支配者的。残忍。不正直で、無慈悲、不公平。無神論者。禅の信仰者で、実践家。批判的で、鈍い。非紳士的(失礼な態度振る舞い)。強迫観念的で、利己的。過度の議論好き。独裁者。戦闘的。無力な気分屋。憂鬱などなど。

 

ジョブズと直接間接的に仕事をしたり、親交のあった相手によってこうもバラバラな印象をもたれる人物も珍しい。

統一した性格というものはあるのだろうか? その衝き動かされている動機は?

初心に還るとその基本動機が見えてくる。その点ではジョブズは実に一貫した人物だった。もちろん卓越した。

「宇宙に衝撃を与えたい」(1982年、27歳のスピーチ)

 

「自らの力を頼みにし、自分の能力を証明したい。弱さに抗したい。重要人物でありたい。世界に衝撃を与えたい。」衝動に衝き動かされている。

ジョブズは、エネルギー的(外向・直観型)にタイプ8である。

自己主張型、つまり他者と環境に対抗して動く。自分の必要を認めてもらうまで闘う。結果、人に譲らない。強烈型で、つまり自分の感情の解消、解決を優先するサディスト的心性の持ち主。

その衝動に自己抑制はない。言動、行動に直結している。

 

無意識の世界、個の神話的世界で:

原初的な世界との接触において「母親から拒絶された」痛みがあり、つまり愛憎半ばするスタイルをとる(人にもそう接する)。反動で父親的役割との過度の同一化がある。攻撃性は自己防衛の現れである。

 

環境の中に自分自身を投影しようと常に努力する。ジョブズは会社を自己の創造物、所有物と見なしていたから、いわゆる「現実湾曲空間」(部下のアイデアのパクリ)も頷ける。

 

タイプ8を定義付ける特徴は、自己拡張性にある。

私見では、ジョブズの特異性、卓越性は、健全から不健全までの振幅の大きさにある。つまり、悟りに近い心性から、ならず者的心性までが同居していたし、それを恥じていたとは思えない。

自伝や評伝でいわれるジョブズの「出自の不幸」に、不健全さの原因があるわけではない。先天的なものというほかない。若い頃のインド体験と関係していると推測する。それが「ハングリーであれ、バカであれ」の本当の意味では?

もう一つ、振幅の大きさで言えば、理論的になってしまうが、タイプ8はタイプ2(統合の方向)とタイプ5(分裂の方向)とつながっている。その振幅においてもジョブズは突出していた。いわば比喩的に言うと、マザー・テレサ(タイプ2)からアインシュタイン(タイプ5)的心性まで、貢献する人類愛の人から、インスピレーションに秀でたオタク的な探究者・科学者までという意味である。

元々、タイプ8の「知」は野性的であり、野心と一体化している。単なる知識や知性を超えて。 

伴侶を得、子の父親となって癒されることで、無駄なエネルギーの消費が抑えられ、より創造的になれたのではと推測する。

 

本能の順番は:

諸々の証拠から、セクシャル-自己保存の、ソーシャルが盲点だと思える。極めて所有欲の強い、身勝手でわがままな人物像ではある。全タイプの中でもっとも極端な人格といわれる。ケンカが「前戯」であるようなやっかいなやつ。

 

付記:新たなエビデンスが得られれば、事の性質上、分析したタイプは変更されます。

 

同じタイプ8の主な有名人・芸能人:

ドナルド・トランプ田中角栄小沢一郎石原慎太郎宮本顕治浜田幸一プーチン金正恩毛沢東、鄧小平、フィデル・カストロキング牧師ネルーサダム・フセインカダフィ大佐

黒澤明三船敏郎勝新太郎三國連太郎高倉健岡本太郎ピカソフロイトヒッチコック、ワグナー、ジョン・ウェイン、アンドレ・マルロー、加藤周一

長渕剛松山千春泉谷しげる内田裕也布袋寅泰武田鉄矢長瀬智也松山ケンイチ森山未來柳楽優弥テリー伊藤春日俊彰伊達みきお

 

タイプ8の女性版:有名人・芸能人リストあり:

安倍昭恵のProfiling - 性格分析研究所

 

 

 

 

 

 

 

 

ドナルド・トランプのProfiling

ドナルド・トランプを性格分析する(敬称略)

 

外向・直観型(エニアグラム タイプ8 愛称:挑戦する人)

自己主張型・強烈型(強く反応する)

「自分を頼りにし、力を証明したい。弱さに抗したい。世界に影響を与えたい。環境や状況をコントロールしたい。」動機に衝き動かされている。

特徴は、攻撃的エネルギーと、活気に満ちていること。英雄にも無法者にも成り得る。

求めるものは、自分自身のサバイバル。リアルで生き生きしていたい。それを感じていたい。

健全だとパワフルで、自信に満ち、決断力に優れた寛大なリーダー。不健全だと、強情で、対決的。周りを支配し、威圧する(肥大化した自我を周囲に投影する)。

ストレス下では、ハートの存在(愛)であることを忘れ、不信や疑い、力づくに捉われる。怒りを隠さない。怒りを使って人を操る。

侵害され、他人に屈服することを異常に恐れるので、自らの運命は自分の手でコントロールしていたい。

トランプは健全度が低い傾向が見られる(通常からやや不健全に落ちる時間が長い)。モグラ叩きのようにやり過ぎると、その人生は絶えざる闘いに陥らざるを得ない。

相手に求めるもの:

頼りになること。自己への忠実さ。強さと反応する力(手応え)。性的につりあい、自分のエネルギーに見合うパートナー。

タイプ8がトラブルを起こす領域:

なんでも過剰でやりすぎること。情動に囚われて、あらゆる形の刺激を得ようとする。挑発、辛い食べ物、酒、セックス、スピード狂、大音量で音楽を聴く。活動・不安・趣味、あらゆることを通して激しさを求める。情欲の強さに特徴がある。

本来はサディスティックだが、嘘が嫌いな、裏表のない性格。攻撃的なスタイルを好む。大きな怒りを抱えている。爆発性性格。

あからさまな脅しや、財政面・物質面での依存関係を作り出すことで、相手や周囲をコントロールしようとする。

本能の順番は恐らく(仕事中毒なので)自己保存(SP)−セクシャル(SX)で、ソーシャル(SO 社会性)盲点。

 

付記:新たなエビデンスが得られれば、事の性質上、分析したタイプは変更されます。

 

同じタイプ8の主な有名人・芸能人:

スティーブ・ジョブズ田中角栄小沢一郎石原慎太郎宮本顕治浜田幸一プーチン金正恩毛沢東、鄧小平、フィデル・カストロキング牧師ネルー

黒澤明三船敏郎勝新太郎三國連太郎高倉健岡本太郎ピカソフロイトヒッチコック、アンドレ・マルロー、加藤周一

長渕剛松山千春泉谷しげる内田裕也布袋寅泰武田鉄矢長瀬智也松山ケンイチ森山未來柳楽優弥テリー伊藤春日俊彰伊達みきお富澤たけし

 

タイプ8の女性版:有名人・芸能人リストあり。

安倍昭恵のProfiling - 性格分析研究所

安倍晋三のProfiling

安倍晋三を性格分析する(敬称略)

 

内向・感情型(エニアグラム タイプ6 愛称:忠実な人)

融和型・反応型(強く反応する)

何事も真剣に関わり、努力によって安心と安全を手に入れようとするタイプ。人を惹きつけ、責任感が強い。ストレス下では常に不安症で、疑いを持つ。自らの反抗心に悩まされる。

心の安心安全を欲し、人に支えられていると感じていたい。確実性と安心がほしい。周囲の自分への態度を試したい。不安と不確実なものと闘いたい動機に突き動かされている。

 

集団の中では自己主張を通すよりも、和を優先し、「良い子」でいようとする(子供時代の母子関係の模倣。場面場面で、親と子の両方を演じる。)

実際には周囲が思うよりもずっと繊細だと感じているはず。警戒心が強く、常に最悪の事態を想定して動く衝動がある。

 

反応性と、反作用に特徴がある。内面外面の両方で揺れ動く。内向外向の両向型。複雑で常に変化する心の様式を持っている。

 

安倍晋三はソーシャル本能が優位なので、周囲の期待への適応能力に優れる。「支えと導き」を持つことへの根元的な欲求が強い。そのため信念に対する過度の執着に陥らざるを得ない。(「美しい国」日本。祖父岸信介を英雄視。信義を重んじ、仲間への義に厚い性分など。)

内面では、見捨てられ、孤独(仲間外れ)になることを極端に恐れる。友情に厚い。

周囲をコントロールするために使うものは、自己への忠誠心を試すこと、受動攻撃(暗黙の抵抗)と、逃亡すること。

内と外への意識が強く、内部(仲間)には誠実だが、外部(敵)には疑いを持つ。絶えず味方と敵を区別し、敵を創り出す必要に陥る。階級主義者。

 

パートナーの安倍昭恵はタイプ8なので、世間が思うよりも、妻を頼りにし(同志として)、心の支えになっている存在だと思われる。

このタイプは支えと同時に一定の距離を尊重してくれるパートナーを求める。相手からは(タイプ8ならなおさら)「物足らない存在」と思われている可能性も。

 

同じタイプ6の主な有名人・芸能人:

池上彰浜田雅功坂上忍、ヒロミ、太田光田中裕二有吉弘行若林正恭劇団ひとりバカリズム

堤真一佐藤浩市役所広司、草彅剛、岡田将生神木隆之介二宮和也星野源小泉孝太郎高橋一生東出昌大鈴木亮平遠藤憲一松重豊唐沢寿明真田広之小林薫

亀井静香、菅義偉、稲田朋美、岸田文雄、下村博文安倍内閣が「お友達内閣」と揶揄される所以が性格分析からも看て取れる。)

 

付記:事の性質上、新たなエビデンスが得られしだい、タイプ判定は変更されます。

 

安倍昭恵のProfiling

安倍昭恵を性格分析する(敬称略)

◎外向・直観型(エニアグラムタイプ8:愛称・挑戦する人)

自己主張型・反応型。

他者に対抗して強く自己主張し、強く反応する。

自分の感情の解決(解消)を優先し、人にも要求する。

 

タフに振る舞い、仕切り屋。自信があり、決断力に優れる。寛大なリーダータイプ。ストレス下では強情で対決的。他人を支配し、威圧する。

本来は一匹狼的。自分を頼りにし、自分の力を証明したい。弱さに抗する。自分の属する世界で重要人物でありたい。衝撃を与えたい。

 

「周囲を支配し、環境や状況をコントロールしていたい」動機に衝き動かされている。

「カリスマ性があって、頼まれると嫌と言えない気の善い優しい方?」

世間で喧伝されるイメージよりも、本来の姿はもっとアクティブで、好悪や価値観のはっきりした、超自立型の強い女性だと思われる。

カリスマ性があるのは確か。世間が思わされているような受け身の人ではない。

 

(恐らく)9寄りのタイプ8。愛称「クマさん」:

7寄りよりも、静かな強さがあり、落ち着いている印象。そこが一見控え目に見させている。(通常の8と違って)なかなか怒らないので、無関心な冷たい人に思われるかも。対決と妥協の間で揺れ動くのがこのタイプの特徴。

 

タイプ8だと判れば、籠池問題との関わりなど再考察が必要では? 決して逃げるタイプではない。愛称の「挑戦者」のごとく、むしろ手応えを自分から求めてグイグイ行く好戦的なタイプ。官邸サイドが隠しておきたい心情もわかる。

 

付記:

新たなエビデンスが得られれば、事の性質上、分析したタイプは変更されます。

 

同じタイプ8の主な芸能人・有名人:

オノ・ヨーコ和田アキ子田中眞紀子デヴィ夫人安藤優子室井佑月指原莉乃、イモトアヤコ、いとうあさこ大久保佳代子椿鬼奴渡辺えり西川史子ヤマザキマリ

米倉涼子松たか子真木よう子、吉田羊、小雪、樋口可奈子、桃井かおり樹木希林泉ピン子

 澤穂希吉田沙保里古閑美保